病院内のジムで有酸素運動

ハードな仕事をこなす看護師は、気分転換の方法を持つことが大事です。仕事も生活も充実させるためには、必ず受けてしまうことになるストレスを、その都度発散できるようにしておくことが必要となります。その方法として、毎朝や毎晩のように有酸素運動へ取り組んでいる人は多いようです。それは、健康志向が高まる現代の傾向を受けてのことではないでしょうか。
一般的に行われているのは、ウォーキングやジョギング・エアロビクスといった有酸素運動となります。しかし、看護師はその有酸素運動に少し違いがあるようです。勤務先が病院の場合、トレーニングやリハビリのためのジムを、職員も利用できるシステムにしているケースがあります。看護師は、そのジムで有酸素運動をすることが多いのです。ジムには、エアロバイクやウォーキングマシンがあります。昼休みや仕事終わりの時間を使って病院内のジムでトレーニングを行い、気分転換をするという看護師が増えてきているようです。
職場の近くに住んでいる場合、自宅の周辺でウォーキングやジョギングをしていると、患者とばったり会ってしまうことも少なくありません。それが恥ずかしいと感じる看護師も多く、自宅周辺では有酸素運動をしづらい傾向にあります。病院内のジムはその心配がないことに加え、空いた時間を使って気晴らしに運動をできるのがメリットではないでしょうか。
健康志向の世の中だからこその傾向であることも明らかですが、健康の実現を目指す医療業界の仕事だからこその傾向であるともいえる状況です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です